eneloop OEM品事情2021

2年前にeneloopのOEM品、という記事を書いて、Amazon Basicのニッケル水素電池を勧めていたが、いつの間にかFDK製(eneloopと同じ製造元)ではなくなっていたので更新。

メーカー 品名  品番 容量(mAh) 繰返し回数
Panasonic eneloop BK-3MCC 1900 2100
Amazon Amazon Basic HR-3UTG-AMZN 1900 1000
富士通 富士通充電池 HR-3UTC 1900 2100
東芝 充電式IMPULSE TNH-3ME 1900 2100
アスクル アスクルオリジナル 充電式・ニッケル水素電池 HR-3STD-ASK 1900 2000

以前に調べた際は、eneloopが繰り返し回数2100回、AmazonBasic他のOEM品は1,000回、と差別化されていたが、現在はOEM品も同等スペックになっている。Amazon Basicは日本製から中国製に変更され、FDK製ではなくなったものの、仕様は1,900mAhで繰り返し1,000回と以前のまま。
価格はeneloopが単三4本で1,400円程度なところ、他は950円くらい。
以前はOEM品の選択肢としてAmazon Basic一択だったけど、今はLohacoでアクスルかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください