DCT故障?

IMG_3377

8月に入った頃、エンジンチェックランプが点灯。何かな?と思ってディーラーで点検してもらうと、トランスミッションとの通信エラーがあった、とのこと。特に異常ないのでリセットして様子見するも、2日後に再点灯。今回はシフトレバーをR→Dに動かした時、変速が遅れる症状もある。ああDCT壊れたな、と再度チェック。

結果は、トランスミッションコントロールモジュールとクラッチポジションセンサーの回路不良。テスト用のセンサーを在庫してあるので、これに交換して様子みましょう、ということで、本日の請求、支払いは無し、診断結果から予想される修理費用の見積もりをもらって一旦終了。

見積もりは、部品代としてコントロールモジュール19万7千円、クラッチアクチュエータ56,700円、プラス交換工賃、となかなかの金額。帰宅後にフォーカスのDCTについて調べてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください