ディスクロードのブレーキパッド

ペラペラ

ロードのディスクパッドをチェックすると、予想以上に減っていたので交換、一番薄くなってたもので1mm未満。制動時にフォークやチェーンステーが捻れるのか、左右で摩耗に差がある。ブレーキのセンターが出てなかっただけかもしれないけれど。

DCT故障その3

診断中

症状もあるのでディーラーへ電話して時間とってもらい、再訪問。診断機繋いでもらうと、前回とは異なり、クラッチ固着、との回答。クラッチとアクチェータ交換必要となって前回と総額同じくらいの見積もり。そのままの金額払うのもしんどいので、USとのパーツ価格差を伝えて、部品の自己調達を了解してもらい、保証修理の問い合わせをお願いしていったん撤退。クルマの方はクラッチ位置の再学習を施して一旦症状は消えたものの、また再発するだろう、とのこと

DCT故障その2

たまらんな、ということであれこれ調べてみると…

このゲトラグ・フォード製DCT、フォードグループだったボルボや、ルノーにも採用されていて、DCTのトラブル、交換事例が散見される。さらに英語圏まで調べると、アメリカではクラスアクション訴訟になるなど各国でクレームが多め。これに対応して、保証が7年10万マイルに延長されている。

DCT故障?

IMG_3377

8月に入った頃、エンジンチェックランプが点灯。何かな?と思ってディーラーで点検してもらうと、トランスミッションとの通信エラーがあった、とのこと。特に異常ないのでリセットして様子見するも、2日後に再点灯。今回はシフトレバーをR→Dに動かした時、変速が遅れる症状もある。ああDCT壊れたな、と再度チェック。